税理士 通信講座 比較。 税理士講座の通信講座

税理士試験対策|特集|通信講座|産業能率大学 個人受講申し込み受付専用Webサイト

税理士 通信講座 比較

LECはもともと法律系を柱として業容拡大してきた学校で、法律系の資格のノウハウと実績を持っています。 会計資格も税理士などでは法律(税法)の範疇に入ります。 LECは特に通信講座では強みを発揮します。 大原・TACに比べると多少割安感があります。 LECのWeb講義は、基本的に音声ダウンロードが標準装備されている(他社は基本的に別料金が必要)おり、スマホにダウンロードすればオフラインで視聴でき、PCやスマホ・タブレットで視聴しても視聴履歴が引き継がれるなど、 特にオンラインでの学習者を応援することに非常に力を入れているため、 Webをメインに学習していこうと考えている方にはベストです。 またLECの講座は、学校に通う<通学クラス(自宅学習フォロー付)>、自宅学習の<通信クラス>のいずれかを選んで受講でき、自宅学習の映像講義は、Web動画(音声ダウンロード付)か、DVDのいずれかを選択するスタイルです。 通学クラスにも、通信クラスと同じ映像講義の学習フォローが付くので、より万全の体制で学習を進めることができます。 資格試験のタイミングにも寄りますが、時々、 申込みの早割サービスやクーポン発行を行っているため、国家資格の受験で、講義付きの通信学習を考えておられる方は、上記のの申請はお得になります。 とにかく早く専門学校から情報をもらって学習を始めたい方には向いています。 サポートは費用がその都度掛かる部分もありますが、おすすめできる学校です。 TAC TACはもともと会計を柱としてスタートしているので、簿記や税理士・会計士等では非常にノウハウと実績がある学校です。 Webの「i-support」という、受講生と講師や受講生同士でサポートし合えるウェブシステムがあります。 そのためモチベーションが下がった時なども頻繁にアクセスし、 他の受講生の学習状況をチェックしてあなた自身のやる気につなげることが出来ます。 受講講座別の よくある質問のデータベース閲覧ができるため、先生に質問したいけれどもそもそもどうやって質問すればよいか分からないといった悩みも、過去の受験生の質問事例で解決できたりします。 意外とこれは使えます。 さらにTACでは通信講座にチューター制度 一人ひとりカルテを作っての電話相談 、質問カード等、通信生にも板書議事録付きなど、手厚いサポートがありますので、 価格は高いですがかなりオススメできるサポート内容になっています。 大原 大原は、言わずと知れた会計に強い大手専門学校です。 こちらもTACと同じく会計係を柱として学校運営をしてきた経緯があります。 質問体制については、専用質問フォームによる質問というのが基本にあり、郵送・電話・メールでの質問受付体制が整備されています。 質問受け付け電話も日・祝日も9:00~15:00の間でサポートしてくれますので、休日に電話質問したい場合にも早めに電話するとつながりやすいでしょう。 通学の人には常駐講師のサポートが手厚いのですが、 通信講座の場合は基本はメール・電話のみのサポートになっています。 チューター制度は無料で利用登録できます。 希望者のみになりますが、登録すると専任講師が定期的に電話でアドバイスをしてくれます。 大原の教室が近い方には、予約不要で無料の自習室が使えるというのはありがたいですね。 大手資格予備校の大原・TAC・LECを全体的に比較 <講師の質> 講師の質に関しては、通学講座の場合は当たり外れがあるでしょう。 例えば、その資格を 合格したばかりの方が講師になられた場合とベテランの講師では教え方や情報量が違うでしょうし、授業の後いつまでも残って質問に対する回答をしてくれる講師もいれば すぐに帰宅する講師もいるでしょう。 人それぞれなので、一概に決めることはできません。 自分がどんなタイプの講師と合うかによって決めましょう。 通信制の場合は一般的に人気講師が担当することが多いので当たり外れは少ないです。 TAC・大原・LEC論点別の特徴 <教材と学習形態の種類> 教材と学習形態に関しては、3社とも大手だけあってほぼ全てのニーズに応えています。 追加のメディアなども出てきている場合がありますので詳細は各社サイトでご確認ください。 サイトにはLECのみ追加費用が掛かる可能性があるとなっています。 ただし一番リーズナブルなのでご自身の質問の頻度を考えて選べば良いでしょう。 サポートを頻繁に使いたい方は大原・TAC寄りでしょうし、自力で解決することをメインにしたい方はLEC寄りでしょう。 <大原> 電話やe-mailなどの質問受付体制が整っている。 また、日・祝日も質問電話受付時間9:00~15:00で受け付けてもらえます。 <TAC> 通信講座の場合は「質問カード」による回答、Web通信講座の場合はよくある質問のデータベース化やメールで質問ができる「i-support」 インターネット がある。 電話で講師に直接質問できる「質問電話」も利用できます。 土日祝も電話での質問対応をしています。 <LEC> インターネットフォローが充実しており、受講生は「質問・受講相談[教えてチューター]」を使っていつでも質問できます。 その他資格によっては、テレホンチューター制度 LEC専任講師・スタッフに電話で直接質問・あらかじめ予約が必要)があります。 受講生相互の交流[教えてメイト]は、よくある質問のデータベース化もされており、受講生は専用のホームページ「Myページ」を活用して学習を進めることができます。 <スクーリング制度> <大原> 答案練習・模擬試験の他、講義も自由に参加できます。 (通信生の参加可能回数はコースによって異なる。 ) <TAC> 答案練習・模擬試験の他、講義も自由に参加できます。 (通信生の参加可能回数はコースによって異なる。 ) <LEC> 主にインプット講座が対象で、希望クラスが定員に達していないことが条件 通学受講生優先。 事前に受講される本校への連絡が必要です。 LEC加盟校・LEC提携校につきましてはスクーリングはなし。

次の

税理士試験 資格の学校 授業料の比較 2018年版

税理士 通信講座 比較

独占業務以外の主な税務業務 国際税務 日本企業の海外進出、外資系企業の国内参入などで国際税務も多様化、複雑化しています。 世界各国と連携を取りながら、国内外の税法を把握し、国際税務に携わっていきます。 会計業務 税理士業務に付随して、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行、その他財務に関する事務を行います。 税務訴訟の補佐人 租税に関する訴訟で、訴訟代理人(弁護士)とともに出頭・陳述し、納税者を支援します。 会計参与 新会社法により認められた会計参与を行えるのは、税理士(税理士法人含む)や公認会計士(監査法人含む)のみです。 取締役・執行役と共同して計算書類を作成するとともに、これを取締役・執行役とは別に保存し、株主・会社債権者に対して開示すること等を職務とする株式会社の新たな機関です。 昨年度の問題傾向はセットの本試験模範解答集でチェック。 4~5回の添削指導は、丁寧な個人指導です。 最新の出題傾向を踏まえ、合格に必要な「質と量」を用意 充実の教材群は、すべて税理士試験に定評のある「資格の学校TAC」が提供しています。 TACの豊富な実績から割り出された、各問題の「目安時間」や理論マスターの「重要度」など、 限られた時間で効率よく学習を進めるメソッドが揃っています。 だから、安心して資格をめざせる 税理士になるには、学習費用をはじめ合格後の登録料、税理士会の入会金や年会費など、資格取得から維持まで、多くの出費が発生します。 なるべく費用の負担を抑え、それでも合格に向けしっかり学習したい!そんなご要望に応えるのが、 リーズナブルで効率的な学びをお届けする産能大の税理士本格受験です。 安心の学習サポートつき 通信講座は、自分のペースで学習できるメリットがある反面、疑問点があったときにすぐ聞ける人がいないのが難点。 しかし、本講座には 疑問をメールで講師に質問できる学習サポートがついているので、学習中に解決したい疑問を着実にクリアしながら学ぶことができます。 税理士本格受験(財務諸表論)の在籍期間が11月末まででしたが、10月8日の学習状況のお知らせが大学から送られた時点ではリポート提出は0でした。 仕事や他資格の勉強のため手つかずにしていました。 何とか終了して、修了証書をもらいたいと思い、1年分のレポート(4回分)を10日で仕上げました。 そして、すべて合格点をいただき11月25日に修了しました。 基本テキストの例題のみを先にすべて理解し、すぐに実力テストに挑戦しました。 TACの基本テキストは優れており、不明な点はありませんでした。 トレーニングをきちんと指示通りにやれば時間短縮や真の基礎力がつくと確信しました。 理論は、システムカードを中心にキーワードを覚え、理論テキストを読み込めば万全だと感ました。 2015年の本試験を予定していますが、この教材や、添削していただいたレポートを繰り返して復習し、指摘していただいた欠点を中心に学習を継続して行こうと思っています。 受講料が安価ですので、大変助かりました。 消費税法などの科目の講座も設けていただければ嬉しいかと思います。 以前、産業能率大学で簿記論を受講したことがあり、今回は財務諸表論を受講しました。 産業能率大学の最大の魅力はなんといっても受講料の低さです。 他の講座と比較するとあまりにも差があるので、どんなテキストが自宅に来るのか確認するまでは非常に不安でした。 でも、送付されてきたテキストは非常にわかりやすく、基本問題から応用問題までステップアップにあわせた問題構成となっており、値段以上の価値があると思います。 今回受講した財務諸表論についても、テキストはわかりやすく全4回の課題も早めに提出することができました。 しかしながら、まだ2時間で問題をやりきるだけの実力はついていませんので、今後もテキストと問題を繰り返し反復練習することに より、実力をつけていきたいと考えています。 仕事柄、中小企業の決算書を検証することが多いですが、決算書の作成の仕方まではわかりませんでした。 簿記論と今回受講した財務諸表論を受講したことにより、決算書を自分自身で作成できるだけの知識を習得できたと感じています。 所得税法を受講しました。 税理士試験に興味があり、通信講座を調べていましたが、どれもとても高額で気軽に手の届くものではなく、今までは書店でテキストや問題集を購入して勉強していました。 しかし、内容をよく理解することができず、なかなか勉強を続けることができませんでした。 産業能率大学の4万円/科目という受講料は、他の通信講座と比べれば格安で、主婦の私にも気軽に申し込める金額だったうえ、テキストが大変分かりやすく、初めて試験の範囲をひととおり理解することができました。 初学者の方や、科目選択に迷っている方にも、トライしやすい料金設定が産業能率大学の最大の魅力だと思います。 本試験にはもっと応用的な問題が出ることでしょうが、基礎力をつけさせてもらったおかげで楽しく総合問題を解くことができ、知識をどんどん追加していくことができそうです。 願わくばより格安な答練コースを設けていただけるとうれしいです。 税理士講座に定評のあるTACと提携しており、とてもリーズナブルにTACの教材で学習を進められることから、受講を始めました。 定期的にテキストやトレーニング、添削問題を送付してくれるので、それに沿って進めていくのでペースをつかみやすかったです。 添削問題は、とても丁寧に添削してもらい、励ましの言葉なども添えて頂いたので、励みになりました。 また、学習の質問も受け付けてくれるので、分からない事があれば聞くことができます。 私は、質問票を毎回のように利用していました。 やはり勉強を進めていくと分からない事が出てきて、こんな些細な事を聞いてもいいのかなと思いながら質問票を送っていましたが、とても丁寧に回答頂き、また勉強のアドバイスも頂いたので、ほんとに感謝しています。 私は、この講座を受講後、本試験を受験して現在結果待ちの状態ですが、ボーダーラインと言われる程度まで得点することができ、この講座で基礎を学んだ成果だと思っています。 今は次の科目に向けて学習中です。 税理士試験はやはり独学では難しいと思います。 本気で受験される方、じっくりと本試験に向けて、初学者をはじめ、基礎固めをしていきたいしたという方には、ピッタリだと思います。 今回、税理士の財務諸表論を受講しました。 受講のきっかけはずばり価格だったのですが、TACの教材を使われているとのことで安心感がありました。 受講して最も良かったと思った点は、実力テストの添削が非常に丁寧だったことです。 間違っていた箇所には、どうして間違った数字になったのかがコメントされていました。 添削される方から見れば、私がどの様にして間違った答えを導いたのかを推測するのは、大変だったかと思います。 これには大変感謝しております。 悪かった点はあまり思いつきませんが、敢えて言うと理論の勉強の進め方が分かりにくかったところです。 最初のテキストが届いてから2ヶ月ほど後に理論のテキストが届いたのですが、どの様に勉強すれば良いかを迷い、重要な部分だけを抜き出して覚えようと、要点を自分で抜き出したのですが、これが1ヶ月ほど後に届いたトレーニングの後半についていたポイント完全マスターとほぼ同様のものでした。 できれば理論テキストと同時に、このポイント完全マスターをご送付頂きたかったと思います。 総合的には非常に満足がいく通信講座でした。 本番に実力が出せる様、しっかり復習したいと思います。

次の

スタディング・税理士講座の評判

税理士 通信講座 比較

講座の価格 講師・教材 学習サポート 実績 信頼性 ランキング4位 資格の大原 大原は通信生であっても答案練習、模擬試験のなど 教室講義に参加可能(回数制限あり)となっており、 自習室も自由に使えるなど通学生と同じサービスを受けることができます。 また、近年通信講座にも力をいれはじめ一部の科目につき 「時間の達人コース」を開講しています。 「時間の達人シリーズ」は時間のない社会人のために 1回の講義時間は60分、1項目10分以内とスキマ時間で勉強できるようになっており、あまり時間がないという人でも安心して受講できます。 講座の価格 講師・教材 学習サポート 実績 信頼性 ランキング5位 資格の予備校TAC TACの通信講座は 通学生と変わらないスケジュールで学習できることを目標としており、「通信生だから情報が遅い」といったデメリットがありません。 答練や実力テストの 添削指導を行っていたり、 自習室を自由に使えたり、校舎・メール・電話などで いつでも自由に質問できたりと通学生と変わらないサポートを受けることができます。 ただし価格は一番高く、通信講座独自のサービスなどはないため大原に劣るかなというところです。 講座の価格 講師・教材 学習サポート 実績 信頼性 ランキング6位 LEC東京リーガルマインド LECは通学講義も行っておりますが、税理士講座については一部のみ通学対応で対応校舎も1校のため基本的には 通信講座メインの予備校です。 独自に開発した「 簿財2科目を同時に学べるオリジナルテキスト」が人気で簿財2科目に特に力を入れています。 通学可能な予備校としては低価格ですが、通信講座でみるとスタディングに劣り、カリキュラムや実績は大手予備校TACや大原に劣るため、もう一声強みがほしいところです。 講座の価格 講師・教材 学習サポート 実績 信頼性 通信講座を選ぶときのポイント 通信講座を選ぶときは 【費用/講座数/講師/教材/サポート体制/実績】など気になるポイントは色々あると思います。 この中でも特に重要な以下の4点は必ず申込前に確認するようにしましょう。 講座の受講費用• 講師・教材の質• 受験仲間がつくれるかどうか• 質問ができるかどうか この後それぞれについて詳しく解説していきます。 講座の受講費用 特に気にする人が多い項目が 講座の受講費用です。 通信講座は通学型予備校より価格が抑えられているとはいっても、各通信講座により幅があります。 安いから悪い、高いからいいとは限らないですが、サポート制度の充実度はどうしても値段と比例してしまうところがあります。 しかし、1科目だけならまだしも税理士試験は5科目合格する必要があり、1年で合格できなかった場合は更にトータルの受講費用が膨大になる可能性も十分にあり得ます。 そのため、 自分はどのレベルのサービスを求めているのか、 いくらまでなら受講費用に充てられるのか考慮するようにしましょう。 講師・教材・講義の質 講師については質というより相性の良し悪しが重要になってきます。 一方、教材や講義については各社ごとにかなり特徴が異なります。 【通信講座おすすめランキング上位3社の教材・講義の特徴】 スタディング• オンラインで完結• 短期合格者の勉強法を基に作成されたテキスト• パワポを使ったカラフルで動きのある授業 クレアール• テキスト、問題集などは配送• 合格に必要な論点だけを徹底的に絞り込んだ薄いテキスト• 講義スライドやテキストは白黒 ネットスクール• 自社出版の市販のテキスト• ライブ(生配信)授業とオンデマンド授業 自分の希望する学習方法に適した教材・講義を揃えている通信講座を選ぶようにしましょう。 受験仲間がつくれるかどうか 通信講座には通学型の予備校と比べて受験仲間がつくれないというデメリットがあります。 しかし、最近では 受講生専用のSNSなどで受験仲間をつくれる環境が整った通信講座も増えてきています。 受験仲間は特に必要ないという場合はどの通信講座でも問題ありませんが、 モチベーションを維持するためにも受験仲間が欲しいという場合は受験仲間を作れる環境が整った通信講座を選ぶようにしましょう。 質問ができるかどうか 質問ができるかどうかも通信講座を選ぶときに必ず見ておきたいポイントです。 一般的に通信講座の場合、講師に1対1で質問をすることができません。 質問できなくてもあまり気にしないという場合は問題ありませんが、 疑問点は講師に質問しながら理解を深めていきたいという場合は、質問できる環境が整っている通信講座を選ぶようにしましょう。 目的別おすすめ通信講座 ここからは、目的別に一番おすすめできる通信講座を紹介していきます。 業界最安値!コスパ重視なら コスパ重視なら業界最安値の価格を誇る スタディングがおすすめです。 税理士の通信講座ランキング上位3社の受講費用を比較してみます。 上記表からわかるとおり、「クレアール」や「ネットスクール」は 「スタディング」の倍以上の値段設定になっています。 私は勉強記録を視覚化してモチベーションを維持するために「Studyplus」というアプリで学習管理や他の受講生と交流をしていたのですが、スタディングの「学習レポート機能」「受験仲間機能」があれば他のアプリは必要ないですね。 講師とコミュニケーションをとりたいなら 講師と直接コミュニケーションをとりたい場合は ネットスクールがおすすめです。 通信講座は一般的には収録済みの講義映像を見るという学習方法のため、講師と直接コミュニケーションをとることはできません。 しかし、ネットスクールは業界で唯一「ライブ(生配信)授業」を行っています。 このライブ授業中はチャットで講師へ質問することができるので、オンライン上ではありますがリアルタイムで講師と直接コミュニケーションをとることができます。

次の